unionpay

UnionPay cards can be smoothly used at 174 countries and regions worldwide.

Safe Convenient Preferential

America Europe Asia Africa Oceania
  • 中国銀聯
  • グローバルショッピング
  • 為替レート検索
  • ATM検索
UnionPay(銀聯)カード、中国本土以外での発行枚数が1億枚を突破
UnionPay (銀聯)カード、来日観光客の主要決済ツールに
2018-10-19


銀聯国際(UnionPay International)は10月18日、中国本土以外の48国と地域で発行されたUnionPay(銀聯)カードの累計発行枚数が1億枚を突破したことを発表しました。年初より新規発行枚数が1000万枚増加し、今年1-9月期に海外で発行されたUnionPay(銀聯)カードの取引高も前年比40%超増となりました。

UnionPay(銀聯)カードホルダーは日常生活の他、海外旅行で頻繁にUnionPay(銀聯)カードを利用しており、訪日観光客の決済手段において、最もポピュラーな決済手段となっています。

中国大陸以外からの訪日UnionPay(銀聯)カードホルダーでは、中国香港、韓国、中国マカオ、タイ、フィリピンなどが多数を占めました。

具体的には、中国本土以外で発行されたUnionPay(銀聯)カードのうち、香港と韓国の発行枚数が最も多く、香港では、新たに発行されたクレジットカードの半数をUnionPay(銀聯)カードが占め、香港発行のUnionPay(銀聯)カードの日本国内での利用件数は香港からの訪日観光客数と同等までに迫っており、日本国内での高い利用率を示しています。

また、韓国国内発行のUnionPay(銀聯)カードの店舗・ATMを合わせたカードの日本国内の利用件数も2018年1-9月期には前年比2倍と急増しています。東南アジア10の国と地域でもUnionPay(銀聯)カードを発行しており、日本国内でもよく使われています。

こうした中国大陸以外からも高まるインバウンドニーズにこたえるべく、UnionPay(銀聯)カードの日本国内の加盟店数は現在、70万店を突破しました。まだまだ現金が必要なシーンが残る日本観光のニーズにも対応すべく、全国7万箇所のATMで利用可能となっており、こちらも高い利用率を誇っています。加えて日本でも、銀聯QuickPassと銀聯QRコードのモバイル決済が利用可能となっており、東急プラザ銀座と松屋銀座ではQuickPassが導入され、LAOX免税店とJTCで銀聯QRコード決済に対応しています。中国国内、中国香港、中国マカオ、韓国、シンガポールなどの国と地域からの銀聯カードホルダーは上記の加盟店でオンタッチもしくはQRコードをスキャンすることによって決済が可能です。

prev:UnionPay(銀聯)のモバイル決済アプリ 「UnionPay」のユーザーが1.5億人を突破

next:中国本土外約4000の教育機関が授業料決済にUnionPay(銀聯)カードを導入